こうじ酵素ブラックの成分や原材料を徹底調査!

こうじ酵素ブラックの成分や原材料を徹底調査!

こうじ酵素ブラックにはどんな成分や原材料が使われているんでしょうか?

 

こうじ酵素ブラックの成分の1つは麹なんですが、もう少し詳しく言うと、7種類の穀物を麹菌で発酵させたエキスが入っているんですね。

 

使用されているのは大麦やあわ、ひえやきび、そしてタカキビに紫黒米、さらに米です。

 

食物を発酵させるための菌はたくさんあるんですが、麹菌にはでんぷんやたんぱく質、脂肪を分解してくれる3大酵素が入っているんです。

 

こうじ酵素ブラックには五黒粉末も配合されていますが、麹で発酵させた穀物エキスに五黒粉末を加えることで、水分を抜き取って代謝を高める作用をプラスすることに成功したんです。

 

ですから、3粒飲むだけで大根20本、キャベツ8玉、山芋8本分となる酵素を取り入れることが可能なんです。
また、五黒粉末の1つである黒ゴマには美肌やアンチエイジング、胃腸の強化と言った働きがあります。

 

黒米には血行促進や体力の増強といった効果を期待できます。

 

黒大豆はアントシアニンというポリフェノールが豊富で、疲労回復やアンチエイジング、腎臓や肝臓の働きを強めるといった作用があり、黒松の実は便秘の改善や胃腸の強化に役立ちます。

 

黒カリンはビタミンCやアントシアニンが豊富で疲労回復に役立ちますね。

 

 

 

こうじ酵素ブラックの原材料名

こうじ酵素ブラックの原材料名をまとめると、まず穀物麹(大麦、あわ、ひえなどの7種類の穀物)、それから酒粕発酵物(小麦・乳成分が含まれる)、そして黒ゴマ、黒米、遺伝子組み換えをしていない黒大豆、そして黒松の実、黒カリンです。

 

酒粕発酵物は栄養が豊富なんですが、それに加えて食物性乳酸菌が含まれているので腸内環境を整えてくれて、便秘の解消に役立つんですね。

 

便秘が解消されると代謝がアップして痩せやすくなりますし、お肌の調子も良くなります。

 

こうじ酵素ブラックにはセルロースも配合されています。

 

セルロースは植物の細胞壁や繊維の主成分で、ほとんどの植物に含まれているものですが、米ぬかやさつまいも、ごぼうなどには特に多く含まれています。

 

セルロースは腸の蠕動運動を促してくれるので、便秘を防ぐのにも役立ちます。
その他にこうじ酵素ブラックに含まれているのはステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素です。

 

ステアリン酸Caは多くのサプリメントに含まれている安全な成分で、乳化剤として使われています。
水と油など混ざりにくい成分どうしがよく混ざるようにしてくれるんですね。

 

微粒二酸化ケイ素は湿気を防止するために使われるんですが、摂取しても消化吸収されずに体外に排出されてしまうので安心です。

 

内容量 27.9g(300mg×93粒)
原材料名 穀物麹(大麦、あわ、ひえ、きび、タカキビ、紫黒米、米)、酒粕発酵物(小麦・乳成分を含む)、黒ゴマ、黒米、黒大豆(遺伝子組み換えでない)、黒松の実、黒カリン/セルロース、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素
900mg(3粒)あたりの栄養成分 エネルギー:3.456kcal、たんぱく質:0.063g、脂質:0.04g、炭水化物:0.711g、食塩相当量:0.00004g

 

⇒今だけ990円でお試し!こうじ酵素ブラックの公式サイトへ